料理

料理

03

dining

釣りの世界でも聖地と言われる五島。
夏でも冬でも魚種が豊富・新鮮で、四季を通じ様々な旬の魚介を堪能できます。
また、陸続きでないからこそあらゆる農作物を「地産」しているのも離島の特徴。
特にミネラル豊富な牧草で育った「五島牛」は生産量が少なく、幻と言われています。そんな贅沢な島食材=地域の光を、生産者に敬意を払いつつ、一番おいしくお届けする。
それがray diningの基本思想です。最後にエッセンスとして、光をテーマにしたストーリーを掛け合わせて完成したものが、五島リトリート・オリジナル「光の和食」です

朝食 07:00 – 10:00 (LO 09:30)
夕食 18:00 – 22:00 (LO 21:30)

menu
menu
高平甲

料理長

高平甲

1968年仙台生まれ。18歳から料理の道に進み、28歳で料理長に就任後、数々の和食店の料理長を歴任。2021年よりミシュラン最高評価の5レッドパビリオン「瀬戸内リトリート青凪」料理長。
きっちりひと手間加えながらも素材のポテンシャルを引き出す、日本料理の本流スタイルを継承している。

  • ray bar
  • ray bar

ray bar

バー

古代から近世に至るまで、海を通じて大陸との繋がりを育んできた長崎。東洋と西洋が交差するNAGASAKI文化からインスピレーションを受けた、五島の物語を感じられるクラフト・カクテルバー。橋本夕紀夫の真骨頂ともいえる、オーセンティックな設えも見どころです。

営業時間 17:00 – 23:00

meditation room

瞑想室

「あるがままを見つめる」
バーの奥に設けられた、小さな瞑想室。球体に落ちる一筋の光が、あなたの心の風景を呼び覚まします。呼吸を整え、今この瞬間に気づきを向ける。ありのままを知覚する。自身との対話を通じ、明日への活力を探してみてください。